BLOG ENTRY

Linuxのパス設定(環境変数)とエイリアス(alias)のログイン時の自動実行

Linuxのパス設定(環境変数)とエイリアス(alias)の設定がログイン時に自動実行されるようにするためには

パス(環境変数)の通し方

パス(環境変数)の通し方は、例えば
[shell]
# vi /etc/profile

#java path
export JAVA_HOME=/usr/local/src/jdk1.5.0_16
export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/jre/lib:$JAVA_HOME/lib:$JAVA_HOME/lib/tools.jar

#flex3 sdk path
export FLEX_HOME=’/usr/local/flex3′
export PATH=$PATH:$FLEX_HOME/bin:$FLEX_HOME/player/debug
[/shell]
こんな感じに書いて、
[shell]
# source /etc/profile
[/shell]

でログアウトするまでのパスが通る。

ログイン時のパス自動実行

で、ログイン時に自動で読み込まれるようにするには、
rootのホームディレクトリの
.bash_profile
に読み込む旨の記述が書かれていないといけない。
(Linuxのデフォルトでは普通書かれてるようですが、ウチのCentOSには書かれていませんでした)

さっそく記述。

rootのホームディレクトリで以下のコマンドを実行する。
[shell]
# ls -la

-rw——- 1 root root 18547 10月 16 21:29 .bash_history
-rw-r–r– 1 root root 24 1月 6 2007 .bash_logout
-rw-r–r– 1 root root 240 10月 16 21:29 .bash_profile
-rw-r–r– 1 root root 314 9月 17 04:19 .bashrc
[/shell]

まぁこんな感じでbash系ファイルが出てくると。

パス(環境変数)は.bash_profileに、
エイリアスは.bashrcに記載する。

ログイン時に/etc/profileを自動で読み込むには、
[shell]
# vi .bash_profile

if [ -f /etc/profile ]; then
. /etc/profile
fi
[/shell]

この3行を追加すると。
これでログイン時にこのファイルを読み込んで環境変数を反映してくれると。

エイリアスの設定とログイン時の自動実行

ついでにエイリアスをログイン時に実行するにはこんな感じで。
vimのエイリアスを追加してみる。

[shell]
# vi /etc/bashrc
alias vit=’vim -u /home/ユーザ名/vimrc’
[/shell]
で、一応以下を確認する。
[shell]
# vi .bashrc

if [ -f /etc/bashrc ]; then
. /etc/bashrc
fi
[/shell]

この記述が書いてあればログイン時に/etc/bashrcを読み込んでくれると。

関連記事

vimでActionScriptとmxmlのシンタックスハイライトをカスタマイズ

  • name:vimでActionScriptとmxmlのシンタックスハイライトをカスタマイズ[Vim][as] | Web&MUSICブログ QUALL
  • date:2008/10/17
  • […] vimでActionScriptとmxmlのシンタックスハイライトをカスタマイズ comments(0) DATE2008.10.13 […]

  • type:ピンバック [ ]

  • name:vimでActionScriptとmxmlのシンタックスハイライトをカスタマイズ[Vim][as] | Web&MUSICブログ QUALL
  • date:2009/07/28
  • […] Linuxのパス設定(環境変数)とエイリアス(alias)のログイン時の自動実行 […]

  • type:ピンバック [ ]

    WRITE COMMENT


    (required)


    (required)


    (required)

    MENU

    veltica creative of twitter