BLOG ENTRY

256MBでは仮想サーバも立てれない。。

virtual

自宅の物理サーバ(Fedora7)の中に
UbuntuやらCentOSやらいろいろ違うディストリの
仮想サーバを3台くらい立てて遊ぼうかなと思ってさっそく実践しました。

はじめに仮想マシン構築ソフトのXenをyumで入れて

# yum -y install xen kernel-xen

で、kernel設定ファイル編集して、
デフォルトkernelをxen対応カーネルにして

# vi /etc/sysconfig/kernel
DEFAULTKERNEL=kernel-xen

通常kernelを削除したあと、ゲストOSを入れる・・・・
のところで見事にこけました。

ゲストOSには256MBのメモリ割当てが必要というメッセージが。。

ガーン。。。ホストマシン自体が256MBなんですが。。

CUIなら256MBあればLinuxで遊べるって思ってたけど、
さすがに仮想化は無理があるみたいでした。。

さて、どうしよう。。肝心のハードの性能が足りない。。
「あるもの再利用して追加投資しないでLinux遊び」っていうテーマを追及したかったけど
仮想化できないんだったらこれはもうパーツ追加するしかないなと。。

virtual2

メインのWindowsマシンの方ではVMwareは普通にガンガン動くので(メモリ4GBなんで当たり前か)、
普通に軽く考えてたけど、さすがに256MBでは限界なのかな、と。。。

メモリ2GBぐらい欲しいから
PCパーツ屋に行くか。。

あ、でもマザボが古いから現行メモリと規格合わないか。。
となるとマザボも替えないと。

となると、CPUも今のセレロンから他のものに替えたくなるな。。

ん~とりあえず価格.comで相場見てみるか。
やばい。無料で遊ぶどころか普通にマシン組むことになってしまいそう

だったらサーバ専用マシン買っちゃった方が安いかな。
メモリ2GBマシンだったら8万ぐらいか・・。
あ・・メモリだけ後から別途買って取り付けた方が安いか・・・。

ん~迷う。。物理サーバのマシンに仮想サーバ試したいだけなのに。。

WRITE COMMENT


(required)


(required)


(required)

MENU

veltica creative of twitter