BLOG ENTRY

vimrcの設定メモ

virtual
自分のvimrcの設定をメモ


gvimのダウンロードはここ
http://www.kaoriya.net/


creamの説明などはここ
http://opentechpress.jp/developer/07/05/21/0118250.shtml


ダウンロードはここ
http://cream.sourceforge.net/


vimrcの設定で参照させてもらったページはこちら。
http://www15.ocn.ne.jp/~tusr/vim/options_help.html
http://www15.ocn.ne.jp/~tusr/vim/options.html
http://blog.blueblack.net/item_110
http://espion.just-size.jp/archives/06/034090759.html
http://www15.ocn.ne.jp/~tusr/vim/vim_setting.html


どうもありがとうございますー。


んで、vimrcの設定メモ

set nocompatible
source $VIMRUNTIME/vimrc_example.vim
source $VIMRUNTIME/mswin.vim
behave mswin

set diffexpr=MyDiff()
function MyDiff()
  let opt = '-a --binary '
  if &diffopt =~ 'icase' | let opt = opt . '-i ' | endif
  if &diffopt =~ 'iwhite' | let opt = opt . '-b ' | endif
  let arg1 = v:fname_in
  if arg1 =~ ' ' | let arg1 = '"' . arg1 . '"' | endif
  let arg2 = v:fname_new
  if arg2 =~ ' ' | let arg2 = '"' . arg2 . '"' | endif
  let arg3 = v:fname_out
  if arg3 =~ ' ' | let arg3 = '"' . arg3 . '"' | endif
  let eq = ''
  if $VIMRUNTIME =~ ' '
    if &sh =~ '\<cmd'
      let cmd = '""' . $VIMRUNTIME . '\diff"'
      let eq = '"'
    else
      let cmd = substitute($VIMRUNTIME, ' ', '" ', '') . '\diff"'
    endif
  else
    let cmd = $VIMRUNTIME . '\diff'
  endif
  silent execute '!' . cmd . ' ' . opt . arg1 . ' ' . arg2 . ' > ' . arg3 . eq
endfunction

" フォントサイズ
:set guifont=MS_Gothic:h10

" 背景色
:colorscheme elflord

"強調表示を行う。
:syntax on

"閉じ括弧が入力されたとき、対応する括弧を表示する。
:set showmatch

"検索で、大文字小文字を区別しない。
:set ignorecase

"検索をファイルの末尾まで検索したら、ファイルの先頭へループする。
:set wrapscan

"インクリメンタルサーチを行う。
:set incsearch

"検索結果をハイライトする
:set hlsearch

"コマンドをステータスラインに表示する。
:set showcmd

" ウインドウの幅
:set columns=175

" ウインドウの高さ
:set lines=64

" ウインドウの表示位置(左上の座標)
:winpos 10 5

"新しい行のインデントを現在行と同じにする
:set autoindent

"バックアップファイルを作るディレクトリ
:set backupdir=$HOME/vimbackup

"ファイル保存ダイアログの初期ディレクトリをバッファファイル位置に設定
:set browsedir=buffer

"クリップボードをWindowsと連携
:set clipboard=unnamed

"Vi互換をオフにする。
"set nocompatible

"スワップファイル用のディレクトリ
:set directory=$HOME/vimbackup

"タブの代わりに空白文字を挿入する
:set expandtab

"変更中のファイルでも、保存しないで他のファイルを表示
:set hidden

"インクリメンタルサーチを行う
:set incsearch

"タブ文字、行末など不可視文字を表示する
:set list

"listで表示される文字のフォーマットを指定する
:set listchars=eol:$,tab:>\ ,extends:<

"行番号を表示する
:set number

"シフト移動幅
:set shiftwidth=4

"閉じ括弧が入力されたとき、対応する括弧を表示する
:set showmatch

"検索時に大文字を含んでいたら大/小を区別
:set smartcase

"新しい行を作ったときに高度な自動インデントを行う
:set smartindent

"行頭の余白内で Tab を打ち込むと、'shiftwidth' の数だけインデントする。
:set smarttab

"ファイル内の <tab> が対応する空白の数
:set tabstop=4

"カーソルを行頭、行末で止まらないようにする
:set whichwrap=b,s,h,l,<,>,[,]

"検索をファイルの先頭へループしない
:set nowrapscan

"HTMLファイルはPHPの強調表示を行う。
:autocmd! BufRead,BufNewFile *.html set filetype=php

"ウィンドウを最大化して起動
:au GUIEnter * simalt ~x

"入力モード時、ステータスラインのカラーを変更する。
augroup InsertHook
autocmd!
autocmd InsertEnter * highlight StatusLine guifg=#ccdc90 guibg=#2E4340
autocmd InsertLeave * highlight StatusLine guifg=#2E4340 guibg=#ccdc90
augroup END

"日本語入力をリセットする。
au BufNewFile,BufRead * set iminsert=0

"タブ幅をリセットする。
au BufNewFile,BufRead * set tabstop=4 shiftwidth=4

".txtファイルで自動的に日本語入力ONにする。
au BufNewFile,BufRead *.txt set iminsert=2

".rhtmlと.rbでタブ幅を変更する。
au BufNewFile,BufRead *.rhtml   set nowrap tabstop=2 shiftwidth=2
au BufNewFile,BufRead *.rb  set nowrap tabstop=2 shiftwidth=2

"全角スペースを視覚化する。
highlight ZenkakuSpace cterm=underline ctermfg=lightblue guibg=#666666
au BufNewFile,BufRead * match ZenkakuSpace / /

"マウスを使用可能にする。
:set mouse=a

"改行は引き継いで字下げ
:set autoindent

"タブ使用時、半角スペースに
:set expandtab

"ActionScript,mxml強調表示
autocmd BufNewFile,BufRead *.as set filetype=actionscript
autocmd BufNewFile,BufRead *.mxml set filetype=mxml



以上。

No related posts.

  • name:vimでActionScriptとmxmlのシンタックスハイライトをカスタマイズ[Vim][as] | Web&MUSICブログ QUALL
  • date:2008/10/18
  • [...] vimrcの設定メモ comments(1) DATE2008.10.13 [...]

  • type:ピンバック [ ]

  • name:vimでActionScriptとmxmlのシンタックスハイライトをカスタマイズ[Vim][as] | Web&MUSICブログ QUALL
  • date:2009/09/03
  • [...] vimrcの設定メモ comments(1) DATE2008.10.13 [...]

  • type:ピンバック [ ]

    WRITE COMMENT


    (required)


    (required)


    (required)

    MENU

    veltica creative of twitter