BLOG ENTRY

メール送信サーバーのSMTPサーバー「mailenablestandard」をインストール

ローカル環境にメール送信用サーバーのSMTPサーバーをインストールします。

今回はmailenablestandardを使用します。

1、ポートの空きを確認

まず、SMTPサーバー用ポート(25)が空いてるか確認します。

コマンドプロンプトでtelnet localhost 25を実行します。

ポートが空いている場合は「ホストへ接続できませんでした」というメッセージが出ますのでOK。

ポートが空いてない場合は、使用中のポートへ接続するので使用中のソフトウェアをアンインストールします。

2、SMTPサーバーのインストール

mailenablestandard.exeをダウンロードして実行します。

インストール中に入力箇所が2か所あるので以下のように記入します。

・Name:admin

・Company:なんでも

・PostOfficeName:DEFAULT

・Password:1234

3、インストール確認

1のポート確認を実行し、SMTPサーバーが正常インストールできているか確認します。

4、MailEnableAdministratorの起動

スタート⇒すべてのプログラム⇒MailEnable⇒MailEnableAdministratorを起動します。

5、SMTPプロパティ

エクスプローラーから

Servers⇒localhost⇒Connectors⇒SMTPで右クリックしてプロパティを選択

・Domain nameに使用ドメインを入力

・IPアドレスに使用IPアドレスを入力

6、SMTPサーバーの再起動

Servers⇒localhost⇒System⇒Services⇒MailEnable SMTP Connectorを右クリックし、

Start all servicesをクリックします。

以上でインストールは完了です。

WRITE COMMENT


(required)


(required)


(required)

MENU

veltica creative of twitter